サッカーユニフォーム作成のACUORE(アクオレ)

サッカーユニフォーム作成のACUORE(アクオレ)。チームオーダーはACUOREにお任せください。

勝ち負けの世界で戦う

2018/11/04  スタッフブログ  島津 淳史

豊川高校サッカー部、選手権県大会の冒険

こんにちは。

昨日は愛知県刈谷市のあるグリーングラウンド刈谷にある人工芝のサッカーグラウンドに行ってきました。

ここで行われていたのは、高校選手権愛知大会。豊川高校vs名古屋高校の一戦です。

インターハイ出場の刈谷高校を破った豊川高校。アクオレのチームユニになってから無敗と縁起が良いユニフォームとなっております。

 

ベスト4をかけて名古屋高校との対戦。相手は県リーグチャンピオン。ベスト8までくると相手は強豪のみ。この試合も非常に苦しい展開となりました。

まず、先制は豊川!しかしその後2点を入れられ逆転されます。

後半立ち上がりにも失点で1ー3。内容的には豊川のペースになる時間も多く、正直手応えさえ感じるゲーム内容です。

もう攻めるしかない豊川。リスクを犯して前に攻めます!そんな流れの中追撃点!2ー3と相手を苦しめますが、前がかりになっている所を突かれ名古屋高校に追加点を入れられてしまいます。2ー4。

 

しかし諦めない豊川は後半残り4分で得点。3ー4!

その後の猛攻は見ていてワクワクするものでした。しかし、名古屋高校の必死の守備もありここで終了のホイッスル。

 

内容的にも五分五分で、悔しい敗戦となってしまいましたが、必死で戦った両イレブンに会場からは惜しみない拍手が。

 

 

試合後、監督の加藤先生にご挨拶に行きましたが、「自分の采配ミスで負けてしまった」と言って涙を流していらっしゃった姿に私も胸が熱くなりました。

高校選手権は、育成年代の終着点となる選手も多くいます。この試合を最後にサッカーから離れる選手も。

アクオレは少年、中学と沢山のチームのお手伝いをしているので、サッカーを始めた子達をたくさん見てきました。その選手たちが高校を最後にサッカーを離れるわけなので、非常に寂しさを感じます。

 

この選手権県予選で沢山のアクオレチームが戦い、そして涙を流しました。

一度しかない高校サッカー。最後の大会をアクオレユニで戦ってくれた選手達に感謝です。そしてその機会をくれたスタッフ、保護者の皆さんにも沢山の感謝でいっぱいです。

 

愛知予選をアクオレユニで戦ってくれた豊川高校、長久手高校の皆さん。本当にありがとうございました!また来年!捲土重来!!

アクオレ公式SNS

この記事を書いた人

島津 淳史

島津 淳史営業

プレミアリーグとドイツ代表チームをこよなく愛する奈良出身の兵庫県民。最近は戦術や育成にも興味が出ており、営業先でその辺りの話をすることを至福に思っている。担当は関西/関東など全国各地。